バーチャルオフィスで始まるビジネス

カテゴリ

神奈川のバーチャルオフィスの郵便受取

事業における連絡先として機能する神奈川のバーチャルオフィスでは、契約者宛に送られてきた郵便物の受取もサービスの1つです。どれだけ限定したサービスであっても、契約者の名義でその業者の住所に発送された郵便物の受取は含まれています。受取をした郵便物は定期的に指定した住所に転送してくれるので、いちいち業者の事務所まで出向く必要はありませんが、転送における郵便料金と手数料が別途かかるのが普通です。よく郵便物を受け取る事業であれば、月々の利用料金に郵便物の転送にかかるコストも含まれている業者を選びましょう。
業者の事務所まで引き取りに行けば、基本料金だけで済むケースもあるので、郵便物受取のサービスの内容でもじっくり比較するのがお勧めです。転送は1週間に1回、決まった曜日にまとめて行われるのが一般的であり、業者によっては毎日郵便物の内訳をメールで報告してくれます。
こまめに連絡してくれる業者であれば、緊急を要する郵便物だけ直接受け取りに行って、それ以外は定期便による転送を待つだけで済みます。電話対応があまり必要ない業種でも、郵便物のやり取りはよく行われるため、神奈川のバーチャルオフィスでは郵便物受取も必ずチェックしておくべきです。

神奈川のバーチャルオフィスの電話転送

メールでいつでも連絡できる現代でも、電話によって相手と直接話し合うことは大切です。神奈川のバーチャルオフィスは、代表電話か、独自のシステムで作った専用の電話番号によって、問い合わせの連絡先を設定できます。かかってきた電話は、そのまま指定の電話番号に転送されるので、自分のプライベートの電話番号を秘密にしたまま、安全にビジネスの話ができる寸法です。
相手にとっては、神奈川のバーチャルオフィスが用意した電話番号にかけているだけであって、電話番号を表示する電話機であっても原則的に転送先の番号は表示されません。さらに、事業用の電話番号を表示させて、電話をかけられるサービスもあるため、完全に自分の電話番号を秘匿した状態でビジネスを進められます。
電話転送のサービスでは通話料などの費用が発生するので、サービスの有無だけではなく、その内容と注意事項も読み込んでおくのがポイントです。一番安いプランでは電話転送は含まれていない神奈川のバーチャルオフィスもあるので、自分の事業で電話応対がどれだけ必要なのかを一度よく考えてみましょう。ビジネス用のメールと郵便物でおおよそ完了するビジネスなら、住所と郵便箱のサービスだけでも必要十分です。

メニュー

2017/08/25
小規模のビジネスにぴったりのバーチャルオフィスを更新しました。
2017/08/25
内覧が必要ですを更新しました。
2017/08/25
バーチャルオフィスで始まるビジネスを更新しました。
2017/08/25
副業もバーチャルオフィスで万全を更新しました。